江戸川放水路の船宿 釣り船・屋形船・はぜボート!東京湾へ出船中!千葉/東京の沖釣りは当店にお任せ

はぜ釣りのコツ

晩秋~初冬:主に深場でのハゼ釣り  

道具立て  

  • 2m前後のリール竿
  • キス用など代用可

誘い  

  • 餌は3~4cm程度
  • 船の周囲に投げて置き竿し、他の竿を投げて置き竿…
  • 持ち込んだ竿をすべて投げ終わったら最初の竿を聞いてみる
  • 一連の動作を繰り返し、当たりが多い場所を中心に狙う
  • 次に最初の当たりを我慢して一荷を狙うようになると倍増!

当たりがあまり出ないとき  

  • 餌や仕掛けを再確認
  • 問題なければ場所移動

※大型船の入港には十分注意して下さい

初夏~盛夏:主に浅場でのハゼ釣り  

道具立て  

  • 2m前後の延べ竿
  • 穂先がしなやかな物

 ⇒伊藤遊船オリジナル延べ竿、今年も販売しています!

※長すぎるとボートで扱い難いので注意
※長手の渓流竿も段数調整で使用可能

誘いと針掛かり  

  • はぜの成長に合わせて針と餌のサイズを調節
  • 錘はなるべく軽めにするとアタリが取りやすく掛かり易い
  • 錘が底を離れるか離れないかの加減で底を叩いて誘う
  • ハゼが餌に喰いつくと、プルプルッっというわかり易いあたりが出る
  • 当りが出たらス~っとサオをゆっくり軽く立ててみる
  • 竿に重みを感じたら、軽く手首を起こして合わせましょう
  • 重みを感じられなかったらもう一度落としてみる

※成長毎の推奨仕掛けについては桟橋でお訪ね下さい
※同じ場所に留まらず、次々と場所を移動しながら釣る
※仕掛けを軽くあおる事で餌を躍らせて誘う動作が大事
※最初のプルプルッという当りで強く合わせては駄目

当りばかりで針掛かりしない時…  

  • 針のサイズは適合していますか?
  • 餌が大きすぎませんか?
    ※特に餌が大き過ぎると余った餌先をかじる当りだけ出ます

当りが余り出ない時…  

  • 餌は新しいですか?
  • 竿が硬すぎませんか?
  • 深さは合っていますか?
  • 場所替えはしていますか?
    餌替えをマメにすると喰いが違うはずです
    ※当りライン(当りが多い深さ)を探しましょう
    ※深さ=潮の干満で自船位置を調整しましょう
    ※遊泳する魚ではないので、一ヶ所で釣れる数には限りがあります


各種問い合わせ/予約(21時まで)
090-3336-8808 / 047-358-5774

powered by Quick Homepage Maker 4.04
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional